くもんのすいせん図書ストアの通販人気ランキング

            

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
「マネージメント」ドラッカー著を参考にわかりやすく書いた本。
破戒 (新潮文庫)
価格:767円 新品の出品:767円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:343円
カスタマーレビュー
明治後期、部落出身の教員瀬川丑松は父親から身分を隠せと堅く戒められていたにもかかわらず、同じ宿命を持つ解放運動家、猪子蓮太郎の壮烈な死に心を動かされ、ついに父の戒めを破ってしまう。その結果偽善にみちた社会は丑松を追放し、彼はテキサスをさして旅立つ。激しい正義感をもって社会問題に対処し、目ざめたものの内面的相剋を描いて近代日本文学の頂点をなす傑作である。[付・北小路健「『破戒』と差別問題」]
天平の甍 (新潮文庫)
価格:497円 新品の出品:497円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:199円
カスタマーレビュー
天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら――在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ……。鑒真来朝という日本古代史上の大きな事実をもとに、極限に挑み、木の葉のように翻弄される僧たちの運命を、永遠の相の下に鮮明なイメージとして定着させた画期的な歴史小説。
なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)
価格:972円 新品の出品:972円 中古品の出品:239円
コレクター商品の出品:1,950円
カスタマーレビュー
なぞなぞあそびの大好きな女の子とはらぺこのオオカミが、森でばったり出会いました。うまそうな女の子だぞと舌なめずりしたとたん、女の子になぞなぞを出されて、オオカミは大弱り。さあ、どんななぞなぞかな?なぞなぞがいっぱい出てくる楽しい幼年童話。
生きることの意味―ある少年のおいたち (ちくま文庫)
価格:518円 新品の出品:518円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,077円
カスタマーレビュー
父と兄に見守られて育った幼い日々は、学校に通うようになって、がらりと変った。小さな肩に背負いきれないほどのつらい出来事が彼を襲う。さまざまな衝突をくり返し、死を考える彼をささえたのは、人間のやさしさだった。戦時下の日本に生まれ、敗戦を迎えるまでの一在日朝鮮人少年のおいたちをたどりながら、人間が生きることの意味を考える。
チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)
価格:1,296円 新品の出品:1,296円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
チャーリーが住んでいる町には、世界一のチョコレート工場がある。 だれもそこで働く人を見たことがないナゾの工場だ。そこへ五人の 子どもたちが招待されるというので大騒動! さあ、何が起こるのか?! 奇抜な発想が楽しい大人気の物語が、新装版で登場。『ユリシーズ』の 名訳で知られる柳瀬尚紀氏の新訳です。
パパ、お月さまとって!
価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:500円
コレクター商品の出品:2,699円
カスタマーレビュー
モニカがお月様と一緒に遊びたがったので、パパはお月様を取りに行くことにした。お月様まで昇るのは簡単ではなかったけれど、とうとう成功した。と思ったら、お月様は大きすぎて家に持ち帰れない。子どもたちは、この問題が解決される様子を大いに楽しみながら読み進める。楽しい物語が、ページをめくるたびに、広がったり浮かび上がったりするしかけの「classic board book」版で登場。
いのちのおはなし (講談社の創作絵本)
価格:1,404円 新品の出品:1,404円 中古品の出品:972円
コレクター商品の出品:2,399円
カスタマーレビュー
95歳のわたしから、10歳のきみたちへ「いのちは、どこにあると思いますか?」「いのち」や、いのちをどうつかおうかと決める「こころ」は見えませんが、見えないものこそ大切にすべきです。空気は見えませんが、人が生きるのに大切だということに似ています。――<あとがきより>
文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)
価格:7,776円 新品の出品:7,776円 中古品の出品:1,683円
コレクター商品の出品:3,980円
カスタマーレビュー
すべてのファンタジーは、ここから始まった!魔王の指輪を破壊する旅に出たホビット族のフロド。それを助ける魔法使い、エルフ族、ドワーフ族、人間の8人の仲間。行手に待ち受けるものは? ファンタジー史上に輝く不滅の金字塔ー。 ●1.旅の仲間(上1) ●2.旅の仲間(上2)●3.旅の仲間(下1)●4.旅の仲間(下2)●5.二つの塔(上1) ●6.二つの塔(上2) ●7.二つの塔(下) ●8.王の帰還(上) ●9.王の帰還(下) ●10.追補編
風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)
価格:390円 新品の出品:390円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:91円
カスタマーレビュー
風のように去ってゆく時の流れの裡に、人間の実体を捉えた「風立ちぬ」は、生きることよりは死ぬことの意味を問い、同時に死を越えて生きることの意味をも問うている。バッハの遁走曲(フ-ガ)に思いついたという「美しい村」は、軽井沢でひとり暮しをしながら物語を構想中の若い小説家の見聞と、彼が出会った少女の面影を、音楽的に構成した傑作。ともに、堀辰雄の中期を代表する作品である。